« 2011年7月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月16日釧路市内放射線量測定 »

2011年7月15日 (金)

釧路の自然放射線量とは?

このブログのサブタイトルは「ここにもキテマスカ?の記録」なんですが
実際にここ(釧路)に来ているのかを調べるためにガイガーカウンターで測定しているのですが
来ているかどうかを知るには今現在の測定値だけじゃなくて
ふくいち原発事故以前の元々の釧路の自然放射線量が判らないと
比較する基準が無くて、今の数値が異常なのか、それとも正常値なのかが判断できないのです。
基準値となる事故前の自然放射線量よりも高ければふくいちから来ていると判断することが出来るでしょうが。

それでネットでふくいち原発事故前の釧路の自然放射線量のデータを捜してみましたが
それがなかなか見つからない。
それでもやっと見つけたのが二つあります。
一つは日本地質学会のホームページにあるモノです。

Photo_3

これによると釧路は0.0178-0.036μGy/hです。
数値に幅があるのでここでは便宜上中間を取って0.020μGy/hとしておきます。
これをシーベルトの一年間に換算すると0.18mSv/y になります。

Photo_4

もう一つのふくいち原発事故以前の釧路の自然放射線量のデータとして以下のモノも見つけました。

Photo_5

これだと釧路は0.89mSv/y地帯となっています。
最初の日本地質学会のと数値がぜんぜん違います。
なぜでしょう?
電気事業連合会の資料は『宇宙、大地からの放射線と食料摂取によって
受ける放射線の量(ラドンなどの吸入によるものを除く)』とあります。
 日本地質学会のホームページには以下の注意書きがあります。
『注: (2011/5/27 追記)
■ 屋外で計測される自然放射線量は、大地からの放射線量(上記マップ)と
  宇宙線による放射線量を合わせた値となります。』
日本地質学会の数値は大地や宇宙からの放射線を除外している
電気事業連合会の数値よりも少ないんです。
なぜこんな数値の違いになるのでしょう?
私の計算が間違っているのでしょうか(‥?)
換算は【ブラウザで動く放射線・放射能の単位換算ツール(簡易)】 Ver1.6.1.1を使ってますが。

私は専門家じゃないからさっぱり判りません。
もっとシンプルに猿でも判る解説と数値ってないものでしょうかね?(^ω^#)

|

« 2011年7月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月16日釧路市内放射線量測定 »

3.その他」カテゴリの記事

コメント

道東地域における空間放射線量率および生乳中の 放射性セシウム濃度について
http://www.iph.pref.hokkaido.jp/Kankobutsu/Shoho/annual50/shoho500206.pdf#searchを見つけました。
1996年から1999年の毎年6月に計測した釧路町を含む道東のサーベイメータによる空間線量数値です。
24から39nGy/h でした・・

投稿: のぬけす | 2011年7月15日 (金) 21時15分

ガイガーカウンター@釧路さん こんばんは(^^)
のぬけすさん はじめまして~(^^♪
↑プリントしてちょっと勉強してみます、、、

投稿: bun | 2011年7月15日 (金) 22時03分

のぬけす様、

bun様、

おはようございますo(_ _)oペコッ

ここ数日になって気温が低くなっていますが
夏風邪とか大丈夫でしょうか?

貴重な資料、ありがとうございます。
原発事故前にこんなに精緻な調査をやっていたんですね。
釧路町の数値を適当に間を取って33nGy/h(ナノ・グレイ/時) だとすると
おなじみなμSv/h(マイクロ・シーベルト/時)に換算して
0.033μSv/h、年間だと0.29mSv/y(ミリ・シーベルト/年) ってとこでしょうか。
この数値はどちらかというと現在の道庁の公表値と近いですね。
今の道庁の数値が正しいのでしたら、ふうくいちの放射性物質は
釧路には来ていないよ~\(^o^)/って喜べるんですがね・・・。

またなにか情報があったら教えて下さいo(_ _)o

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年7月16日 (土) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/40741245

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路の自然放射線量とは?:

« 2011年7月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月16日釧路市内放射線量測定 »