« 2011年7月28日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月30日釧路市内放射線量測定 »

2011年7月29日 (金)

2011年7月29日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

風も無く靄がかってぼんやりしてたけどスズメたちがやたらと元気な早朝に測定。
鶴居方面の測定旅チャリから帰還しました。
前回の厚岸に続いて今回も良い天気でした。
昨日も恩根内の辺りは30℃いきました。
厚岸の日焼けの皮が剥けてきた上からさらにこんがりと焼き上げました(^p^)
http://geigerkushiro.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-99f8.html

ニュース

Twitter・ブログの原発情報監視事業に東京弁護士会が懸念表明 「弊害の方が大きい」

 原子力発電所や放射線に関連したインターネット上の
「不正確・不適切」な情報を経済産業省・資源エネルギー庁が監視する事業に対し、
東京弁護士会はこのほど、「自由であるべき情報流通に対する過度の干渉にならないか、
極めて強い懸念がある」とする声明を発表した。

 6月24日に入札が公告された同事業は「Twitter、ブログなどネット上に掲載される原子力などに
関する不正確な情報または不適切な情報を常時モニタリングし、
それに対して速やかに正確な情報を提供し、または正確な情報へ導くことで、
原子力発電所の事故などに対する風評被害を防止する」のが目的としており、
応札する事業者に対し必須のモニタリングの対象としてTwitterを挙げている。

 東京弁護士会の声明は竹之内明会長名で公表。「何をもって『正確』『適切』かは
一義的に明らかといえない」「政府自身が情報の『正確』『適切』性を判断して
情報コントロールをすることを意図するものであると解さざるをえない」
と批判し、強い懸念を表明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110728-00000053-zdn_n-inet

|

« 2011年7月28日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月30日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
情報コントロールは本当に不愉快なことです。
客観的で正確な情報を恐れているのでしょうね。
日本海洋学会から放射性セシウム測定を海外の測量船と
同じ精度で実施するよう提言がなされました。http://www.kaiyo-gakkai.jp/mt/mt-tb.cgi/319
検出限界を高く設定して不検出にするのは、
科学的ではなく政治的な手法ですよね。

投稿: のぬけす | 2011年7月29日 (金) 07時55分

のぬけす様、おはようございます(^-^)/

今日も暑くなりそうですね、天気予報では釧路は26℃とか。
ビールはやっぱり北海道産サッポロクラシックですか。

>検出限界を高く設定して不検出にするのは、
>科学的ではなく政治的な手法ですよね。
まったくもってそのとおりです!!
これは単に原発事故の問題だけじゃなく
日本という国の社会の在り方にとっての重大な問題です。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年7月29日 (金) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/40991930

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年7月29日釧路市内放射線量測定:

« 2011年7月28日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月30日釧路市内放射線量測定 »