« 釧路市立図書館周辺の放射線量測定 | トップページ | 2011年7月3日釧路市内放射線量測定 »

2011年7月 2日 (土)

2011年7月2日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

曇り空、弱い風が吹いていた早朝に測定。
部屋の中は蒸していたけど外の風がヒンヤリしていて
外にお布団出して寝たら気持ちよかったろうね(。-ω-)zzz. . .

今日で測定を始めて一ヶ月となりました。
3月11日以来時の流れが重く長く感じるようになっていましたが
ガイガーカウンターの測定を始めてからの一ヶ月もさらに長く感じます。
ガイガーカウンター持ちの人の中にはより高い線量を測定した方がエライ!スゴイ!
ガイガーはホットスポット捜しに使う物、そんな低線量測定してなにが面白いんだ?という
風潮が一部にあるみたいですが、私はそれらのことには全く関心がありません。
そもそも私が測定を始めたのは釧路の放射線量の事実を知りたかったからでした。
釧路市の線量は私が測定を始める以前は道庁の公表値しかありませんでした。
しかしふくいちのメルトダウンを二ヶ月以上も隠していたこの国の公表など信じられません。
「もしかしたらほんとは釧路もヤバイんじゃないかぁ?ドイツ気象庁の拡散予測だって
春になってからいつも釧路にかかっているじゃないかぁぁぁ っ(;゙゚'ω゚')」ってな感じで
疑心暗鬼に取り憑かれていました。
しかし自分のガイガーカウンターを持って測定してその数値を見たとき
別に安心したワケではありませんが、納得はできました。
納得できたので疑心暗鬼は晴れて無くなりました。
疑心暗鬼が消えた分、重荷が下りて心が軽くなりました。
釧路市民の中には私のように疑心暗鬼に取り憑かれている人が居るかも知れません。
そんな疑心暗鬼を少しでも晴らして心の重荷を下ろしていただきたい
そんな思いで毎日測定をしております (-ω-`)

|

« 釧路市立図書館周辺の放射線量測定 | トップページ | 2011年7月3日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/40243482

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年7月2日釧路市内放射線量測定:

« 釧路市立図書館周辺の放射線量測定 | トップページ | 2011年7月3日釧路市内放射線量測定 »