« 2011年7月14日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 釧路の自然放射線量とは? »

2011年7月15日 (金)

2011年7月15日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

測定しに外に出たときは雨は止んでいたけど測定してると
ポツポツと再び降り出した早朝に測定。

ニュース

10万ベクレルまで大幅引き上げ=福島の放射性がれき埋め立て基準-環境省

環境省は14日、福島第1原発事故で放射性物質に汚染された恐れのある福島県内の
がれきの焼却灰について、一般の最終処分場での埋め立てを認める放射性セシウム濃度の基準を、
現在の1キロ当たり8000ベクレル以下から10万ベクレル以下まで引き上げる検討を始めた。
同省の有識者会議で、地下水への汚染防止策を施すことなどで、安全に埋め立てができる条件を整理する。
 同省は先月、8000ベクレル以下なら埋め立てを認め、
このレベルを超えると処分場に一時保管する方針を示した。
ただ、東京都や千葉県の一般ごみから、8000ベクレルを超える焼却灰が
相次ぎ見つかっていることなどから、一時保管後の処分方法の検討を急ぐことにした。 

この国の政府はまた全国に放射能物質を拡散するザル基準を増やしたのですね、ハイわかります。
ザルといえばざる蕎麦ですが、安心してざる蕎麦も食べてられません(;^ω^)

111

|

« 2011年7月14日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 釧路の自然放射線量とは? »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/40818784

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年7月15日釧路市内放射線量測定:

« 2011年7月14日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 釧路の自然放射線量とは? »