« 2011年7月9日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月11日釧路市内放射線量測定 »

2011年7月10日 (日)

2011年7月10日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

丑三つ時から降り始めた雨は夜明けには止み、ほとんど風の無い早朝に測定。

サンマ今年は豊漁…北海道・釧路で初競り

 北海道東部沖太平洋で始まったサンマ流し網漁の初水揚げが9日早朝、釧路市の釧路港であり、
市場では初競りが行われた。
昨年の不漁から一転して豊漁となり、漁業関係者は「価格も下がり『庶民の魚』に戻った。
放射性物質も心配ないので、安心して買ってもらいたい」としている。

 釧路副港市場では、昨年の約10倍の2988箱(1箱約9キロ)が初競りにかけられ、
1キロ当たりの最高価格は2625円で昨年の約7割、
平均価格も約1400円で昨年の半値となった。
140~150グラムが中心で昨年より型がいいという。
一部は午後に東京、大阪、福岡に空輸され、早ければ10日にも店頭に並ぶ。
北海道庁が6月30日に行った調査では、釧路沖のサンマの放射性物質は国の暫定規制値を
大幅に下回り、安全性が確認されている。

さて、どーしようか?
正直言って、私は今年のサンマは食べれない。
なぜかというと、この国のザル基準で安全といわれても
その安全が信じられないから。
釧路沖とはいえ、海は一つに繋がったモノ。
あれだけふくいちから大量の汚染された高濃度放射性排水が海に流され続けているのに
釧路沖だから安全と断定できるのでしょうか?
私は釧路ッ子でサンマ大好きです。
お刺身や塩焼きや煮付けも美味しいです。
でもやっぱり今年のサンマは食べられません。
国民の健康や生命に対して無関心な国家のやっていることが信用できないからです。
サンマ捕ってきてくれた漁師さんにはゴメンナサイですが、ほんと。

|

« 2011年7月9日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月11日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

おはようございます 
回遊魚さんま。今年の豊漁は皮肉ですね。
3月頃は三陸沖を北上していたのでしょうか。
6月30日のデータでは暫定基準の4分の1であり 去年までの平均値の60倍(haniwa様サイトより)
知っていれば食べられないですよね。60倍超えなうですから。ごめんなさい漁師さん。

週刊金曜日最新号に福島の520ヶ所測定データが発表されていました。
原発から60キロ離れた福島市 市内の側溝で6.8μシーベルト毎時・・
地上1メートルに比べ地上10センチでは1.6倍の放射線量だったそうです。

投稿: のぬけす | 2011年7月10日 (日) 09時08分

こんにちは!のぬけす様
今日も暑いですね(;´Д`A ```

ビックリ情報ありがとうございました。
暫定基準の4分の1でありながら去年までの平均値の60倍www
そりゃあないっしょって感じですねぇ(゚Д゚lll)
だからこの国の政府の言ってることは信じられないんですよね。
福島も地上1メートルに比べ地上10センチでは1.6倍なんて
よっぽど地表に放射性物質が堆積しているんですね。
学校のグランドなんて怖い。
このブログにも福島からのアクセスがありますが
すぐに疎開してほしいです。

投稿: ガイガーカウンター@釧路 | 2011年7月10日 (日) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/40741479

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年7月10日釧路市内放射線量測定:

« 2011年7月9日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年7月11日釧路市内放射線量測定 »