トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

2011年6月30日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

晴れていて風は無かったけど微かに空気の動きが感じられた早朝に測定。
今朝の外測定は動きがあった。
最初は低め、中盤に高め傾向になって後半は低め安定でしたが。
測定していて突然数値が上がっているときって
いったい何がGM管に飛び込んでいるんでしょうね?
電磁波?それともやっぱり放射線なのでしょうか。

ニュース
 高橋はるみ知事は28日の道議会本会議で、福島第1原発事故に伴う補償について「道内でも渡航規制で外国人観光客が著しく減少しており、
影響は大きい。賠償を国に要望する」と述べ、道内観光業者の風評被害を損害として認めるよう国に求める方針を示した。
自民党・道民会議の中司哲雄道議(根室管内)の一般質問に答えた。
道によると、道内の3~5月の宿泊や交通費など観光分野の損失は、約339億円に上ると推定されるという。
文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会は5月31日に示した指針で、出荷停止になった野菜類などのほかに、
福島県内に営業所を置く観光業者の損害も賠償対象とした。高橋知事は道内でも同様の被害があるとして、対象拡大を求める方針だ。

それだったら被災地瓦礫受け入れも断固お断りしてもらいたいね。
もし瓦礫が北海道に受け入れられたらそれこそ風評被害が発生しちゃうよね?
そーなったら風評被害は観光業だけじゃ止まらないよね酪農とか漁業とか農業とか。
過去の賠償を求めるだけじゃなくてこれからの損害についてもしっかり考えて欲しいよね、知事には(`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

釧路市内焼き肉ジンギスカンのメッカでの測定

Photo_3
さて、ここはどこでしょう?
ヒント、釧路っ子の焼き肉ジンギスカンのメッカ。

答えは新釧路川河畔公園の鶴見橋のたもとです。
この辺りはゴールデンウイークには朝早くからたくさんの釣り人が釣り糸を垂れるのですが
今年のゴールデンウイークは一人か二人しか見かけませんでした。
これも東北震災の影響かと思っていましたが、暖かくなってからの日曜日の
この場所での焼き肉ジンギスカン率は平年並みで特に変化は見られません。
お盆になったらここで花火大会もあるのでしょうね。
釧路はほんとに原発事故なんて無かったかのようです。
実家の冷蔵庫の中を見て唖然としました( ω)・・・
内部被爆なんて眼中に無いって感じ。
釧路の空間線量は大したことないですが、内部被爆だけは気をつけて欲しいです。

話は逸れましたが南南西の風が強い午後の河畔公園地上1メートルの測定は0.08μSv/hでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月29日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

寒くないよく晴れた無風な早朝に測定。
今朝の数値はとても低め安定傾向でした。
今日は釧路でも20℃いくかな?

ニュース
仏大統領、原子力計画に10億ユーロ=原発推進を堅持

【パリ時事】フランスのサルコジ大統領は27日、エリゼ宮(仏大統領府)で記者会見し、
「フランスは将来の原子力計画に10億ユーロ(約1150億円)を投資する」と表明した。
福島第1原発事故を受け、欧州諸国でエネルギー政策の見直しが進む中、引き続き原子力を発電の中核に据える方針を明確にした。
 サルコジ大統領は会見で、原子力分野の投資対象として、将来の原子炉のテクノロジーと、
原子力の安全強化に向けた研究を挙げた。また、原発の新規建設凍結について
「老朽化する既存原発を使い続けることになり、論外だ」と否定した。 

フランスやる気満々だね。
サルコジ大統領の意見じゃなくてフランス国民はどー思っているんだろう?
ここでも国民の声が聞こえて来ない。
福島やアメリカの原発事故が現在進行形なのに・・・。
どれくらいショッキングな結果が出たらおフランスも原発止める気になるのかな?
( ゚Д゚)原発のフランス革命は無いのか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

2011年6月28日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.13μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

風の無い静かな雨の早朝に測定。
外が高め傾向だった。

米ネブラスカ州の原発事故、どーなったんだろうね?
フォートカルフーン原発ではメルトしたとか放射能漏れが起きているとかいないとか。
アメリカ政府は問題無しと言ってるし。
ソ連のチェルノブイリ事故では事故が発生したことが国民に知らされずに
近隣の街は極度の危険状態にあった次の日でも普通に暮らしていたし、知らないで。
日本だけじゃないんだね、どこの国でも政府というのは同じなんだねやることが。
一般市民がガイガー使ってネットで情報公開している今のムーブメントは大切だね
政府の思惑にハメられない為にも。
中曽根元総理が原発は危険だから太陽光エネルギーにすべきと言っているらしい。
( ゚Д゚)お前が原発持って来たろうがーーっ!とツッコミ入れたいとこだけど
ほんとに改心したのなら本気で脱原発を推し進めてもらいたいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

2011年6月27日釧路市内放射線量測定

Photo

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

Photo_2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo_3

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_4

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

息が白くなるくらい寒い晴れた早朝に測定。
暑い暑い内地と違って釧路は秋みたいに寒い!
内地の方、避暑と避放射線に是非いらしてくださいd(・ω・)

自民・谷垣氏、原発再稼働は必要との見解

自民党の谷垣総裁は25日、鹿児島市で記者会見し、定期検査により停止中の各地の原子力発電所について、
「検査した後に『再稼働が必要ではない』と言ったら、全部の原発を止めなければならなくなる。
それでは(電力供給は)とてももたない」と述べ、再稼働が必要だとする見解を示した。
再稼働の前提となる安全確認については、「国が責任を持ち、基準をはっきり示さなければならない」と指摘した。

福島 牛乳 出荷制限 解除

130896567984

バター チーズ ヨーグルト 赤ちゃん粉ミルク に加工して出荷
福島第1原発事故による福島県産原乳の出荷制限が、県内のほぼ全域で解除された
「がんばろう ふくしま! 福島県産牛乳」を開催した。
学校給食用や地元のスーパーなどに出荷し、地産地消を推進する。

Usotuki

『とうとう最後の木が切りたおされたあとで

とうとう最後の川が毒にまみれたあとで

とうとう最後の魚が捕らえられたあとで

はじめてお金は食べられないことがわかる』
                北米クリー・インディアンの諺

『真理の探究なしには、いかなる社会も長くは存続できないのです。
そして真理が存在していないかぎり、社会は必然的に災いを起こすのです』

                                              J.クリシュナムルティ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

ジャスコで放射線量測定

Photo_4

今日は釧路市民におなじみのジャスコ、じゃなくて
今はイオン昭和ショッピングセンターだったけ?に来たついでに
駐車場地上1メートルの放射線量測定をやりました。
明るく晴れて南西の風がけっこう強い午後の測定でわりと低め傾向の0.08μSv/hでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

超珍しく朝から快晴で無風状態で測定、そしてなぜか外より室内が高っ。

今日も市内の小学校では運動会かな。
今月に入って日照不足な釧路で先週の日曜といい、今日といい
晴れたなんて奇跡だね。
釧路の子はラッキーだよ
毎日線量計ってつくづく思う、北海道で良かったと。
福島はもう人間の住む場所じゃないね、この線量は。
Photo_3
チェルノブイリ事故でロシアの子供たちの身に起きたことを思うと
これから福島の子供たちに発生する辛苦を思うとほんとに気の毒とか哀れだとか
かわいそうとかを通り越してるよ。
古い土地に囚われていないで、北海道にでも移住したらいいのに。
大人が動かないと子供たちは動けない。
職種やお給料で高望みをしなければなんとか食べていけると思うよ。
癌になったり死んだりするよりずっとイイよ。
北海道は絶対に放射能汚染については大丈夫ってワケじゃないけど
福島よりは遙かに汚染されることに対しての実際的リスクや精神的プレッシャーは小さいはず。
北海道はいいところだよ(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

2011年6月25日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Do

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

珍しく晴れて風も無い涼しい早朝に測定。
今朝は外よりも室内の方が高くなる傾向があった。
納得いかないので何度も再測定しても変わらなかった。
このとき室温18℃湿度69%、なんでだろうね?

ニュース
Photo_3

世界の反応
Photo_4
もんじゅの作業、成功したらしい。
もんじゅが成功したなら再稼働で将来的にはもんじゅ+六ヶ所村コンボの発動に繋がる。
失敗しても成功してもorzだわ。
核の無い世界で安心して暮らしたい
そのためには再稼働じゃなくて廃炉にしてもらいたいわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

2011年6月24日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.13μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

けっこうまともな降りで風も少々の雨の早朝に測定。
外、室内共に高め傾向でした。
雨の日は線量上がるのは定説なので、それで今朝は高めだったんだよね?
もんじゅは関係無いよね?ね?(^ω^;)
測定した時点ではまだもんじゅのニュース聞こえて来ないけど、どーなったんでしょうね?

それにしてもダイソーのレインコートの臭い、ハンパなかった(≡д≡) オエッ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

2011年6月23日釧路市内放射線量測定

Photo

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

Photo_2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo_3

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_4

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

早朝の時間はいつも風が無くて静かですが、今朝は東の風が吹いていた。
今にも雨が落ちてきそうな空模様で測定。

今日こそはもんじゅでUFOキャッチャーが実行される日。
午前9時開始、終わるのは深夜だとか。
明日の朝のニュースが事故のニュースとかじゃなきゃいいけど
福島で事故ってアメリカでも事故って、もう原発は事故るって流れになって来ている最中での
もんじゅUFOキャッチャーなんだからねぇ・・・。
もんじゅって「もんじゅもんじゅもんじゅ」と声を出して三度唱えると「じゅもん」になるのを発見(笑)
破滅の呪文にならなきゃいいな。

もんじゅパノラマライブ画像へリンク
http://www.jaea.go.jp/04/monju/category04/mj_panorama/bigphoto.html
もんじゅ周辺放射線量モニタへリンク
http://www.houshasen.tsuruga.fukui.jp/f_o2020.html

Photo_5

もしどっかーーん!となっても風向き次第なんだろうね。
風向き的に北海道まで夜には来そうな悪寒。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

2011年6月22日二度目の定位置測定

P1030429

午前9時に外のいつもの場所で空間線量の再測定をしました。
ちょっと曇って緩い南西の風がありました。
だいたい0.09μSv/hと比較的低め傾向でした。
朝のときみたいに高く出ることはありませんでした。
二階の通路が風の通り道になっていたので風の影響で数値が変わるかやってみましたが
特に変化は見られませんでした。
気のせいだったのかな、やっぱり。
それにしても日中の測定はちょっとアレですね
ご近所の目が気になるというか・・・
携帯使っているフリをしてました(^ω^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.12μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo_2

測定時の風向き
今日これからの風向きは左のサイドバーにあるgoo天気 風向・風速をご覧下さい。

Photo_3

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

今朝は珍しく霧の無い晴れて穏やかな早朝の測定。
今日の測定は非常に悩ましい測定でした。
高め傾向と低め傾向が確率的に半々なのです。
中間が無い。
こんな日はどちらを採用したらよいのでしょうかね?
風向きやDWDを見ると低め傾向に思えるけど。
今朝の外の測定値は0.14μSv/hか0.09μSv/hが最も多く出た数字でした。
で、結局は中間的な0.12μSv/hを採用したのですが。
それと、まだ気のせいレベルの話なのですが、風の有る無しで数字が変わるような気がします。
今朝もあからさまな風ではないのですが、無風状態から頬を撫でるような風が来ると
スススーっと数値が上がるようなことが多い気がしました。
完全に無風状態のときの測定と風があったときの測定では数値が違ったのです。
これは以前から、なんとなくですがそんな気がしていましたって話ですが・・・。

後でまた外に出て再測定します。

ニュース
『東京電力は20日、福島第一原子力発電所の2号機原子炉建屋で二重扉を開放した際、
約5キロ西にある福島県双葉町山田で測定した放射線量に変動があったにもかかわらず、
経済産業省原子力安全・保安院に報告せず、6時間以上放置していたと発表した。
計測方法にもミスがあった。測定した線量は特別高いわけではなく、この場所は警戒
区域内で住民は避難している。
東電によると、2号機の扉は19日午後9時頃から開け始め、20日午前5時に全開
状態にした。この時間帯に、原発敷地内外で放射線量を計測。双葉町山田では20日
午前1時の毎時27・5マイクロ・シーベルトから午前8時には同45マイクロ・シーベルトに
上昇した。結果は同日昼前には東電本店に報告されていたが、同日午後6時20分に
保安院に報告されるまで、本店内で放置されていた。』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

2011年6月21日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.08μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.07μSv/h

Ka

風向き

Photo

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

無風で濃いけれどシルキーな霧の早朝に測定。
高め傾向だった昨日の朝とは一転して今朝は低め傾向だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

恐怖!定位置放射線量測定番外編

今朝の線量測定がちょっと高め傾向だったのが気になりつつ部屋に居ると
窓になにか虫みたいなのが・・・。
最初は窓の外側に留まっているのかと思っていましたが、近づいて見ると
なんとそいつはスズメバチ!!ヒィィィ!(゜Д゜||)
しかも窓の外じゃなくて中じゃないですかぁっ!!(゚Д゚lll)

Photo_3

早急にこの危険な生物をなんとかしないとヤバイ。
掃除機でビュイーーンと吸い取ってしまおうかとも考えたけど
できれば殺さないで外に出してあげたい。
まずは長袖の服を着て、革手袋を着用。
カーテンを閉じて隙間から棒で突いて窓の外へ誘導するつもりでも
ヤツはまったく動いてくれない。
部屋の中を見回してなにか使えそうなモノを捜した。
お米の計量カップと厚紙とレジ袋を使って外に出す作戦にした。
まずはそ~っと計量カップでヤツを捕え、カップと窓ガラスの間に僅かな隙間を作って
そこから厚紙をスス~っと入れてカップと厚紙でヤツを閉じ込めて
それからカップをレジ袋に入れて、そのカップとヤツが入ったレジ袋ごと窓の外に投下した。
すぐに窓を閉めて見ていると、ヤツはすぐには外に出なかったけど
やっと外に出て飛び去ってくれたε- ( ̄、 ̄A) フゥー
で、外に投下した計量カップとレジ袋を拾いに外に出るので
そのついでにデジカメとガイガーカウンターを持って、いつもの定位置で
空間線量の測定をやりました。

1_2

今朝の測定から6時間後の測定は特に高め傾向になることも無く
いつもの普通の数値(0.10μSv/h)でした。ε- (´ー`*) フッ

放射能汚染は目に見えない危険ですが、スズメバチは目に見える危険。
危険が具体的に見えていると人間、危機感持って行動も早くなるんだけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.13μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

曇り空で市内は緩く霧がかかり緩く風があった。
今朝の測定は高め傾向にあった。
いつもは5回測定して決めるけど今朝はあまりに高め傾向なので
測定しなおして結局9回測定したけど高め傾向なのは変わらなかった。
『2号機の扉の開放について。
今日の、午後8時に西側のエアロック扉の調整しながら少しあける。
今回は、アララベンチは運転したまま行う。
そのまま、8時間維持。線量を確認。
明日の午前4時から、二重扉を全開放する。線量を確認。
そのあと東側の大物搬入口をあける。
@東電会見』
2号機の換気をして放射性物質が空中に放出されたとしても
風向きやドイツ気象庁の予測を見ると釧路はギリギリセーフって感じなんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

2011年6月19日釧路市内放射線量測定

Photo

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

Photo_2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo_3

風向き

Photo_4

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

地表には低い霧がかかっていたが空には太陽と月が見えていた無風な早朝に測定。
今日は釧路市内のほとんどの小学校が運動会の日曜日。
空間線量異常無し、風向きも放射性物質拡散シミュレーションも問題無しだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

アトムマントルによるガイガーカウンターの実験

ヤフオクでアトムマントルを線源として落札したのでさっそくテストしてみる。

1_2

まずは何も無い段ボール箱の上に乗せて測定してみる0.08μSv/h。
だいたいいつもの部屋の中の数値。

2_2

私は以前プリムスのガスランタンをキャンプで使っていましたが、このマントルは
私が使っていたのよりもずっと大きい。

3

ビニールの小袋に入ったマントルの上にガイガーカウンターを乗せてみると
2.65μSv/h!ふくいちから800キロの低線量地帯の私はこんな数値を測定したことが無くて
見る見る上がっていく数字にけっこうビビッた!(゜Д゜||)

4

次に小さなビニール袋にマントルを折りたたんで入れた。

5

2.16μSv/h、若干数値が下がった。
これは何度も再測定しましたが、同じ線源でも面積が小さくなると測定値も小さくなる
傾向があるらしい。
線源の面積が広い方がGM管に捉えられる確率が上がるからかな。

6

こんどはダイソーで購入した小さなスチール缶に入れてみる。

7

0.78μSv/h、けっこう遮断効果があるみたい。

88

次に同じくダイソーで購入したスチールたばこ入れにくまのプーさん缶に入れてある
マントルを入れて二重にしてみる。

9

0.31μSv/h、さらに下がった。

10

プーさん缶+スチールたばこ入れを部屋にあったスチール缶に入れて
三重スチール缶にしてみた。

11

缶の上に直接乗せて0.22μSv/h、ちょっと下がった。

12

次に三重スチール缶の10センチ上で測定してみると0.11μSv/h。

13

さらに三重スチール缶の20センチ上で測定すると0.10μSv/h。
ちょっと高い日の部屋の中の数値と同じくらいになった。
これくらいならアトムマントルを部屋の中で保管していてもまあ気にならないレベルかな。

14

最後にガイガーカウンターの線源に対する指向性について実験してみた。
まずは右横に線源を置いてみる、0.11μSv/h。

15

次、左横に置いてみると0.48μSv/hとなった。

16

次、下側に置いてみると0.16μSv/h。

17

最後に上側に置いて0.13μSv/h。
このガイガーカウンターの中身はまだ見たことがないけど
たぶん左横の基盤の下(裏)にGM管が付いているんだろうね。
今までは左手に持って測定していたけど、右手に持って測定した方がベターなのが判った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

今日も濃霧というよりは霧雨みたいな曇り空の早朝に測定。
釧路だから霧が多いのは仕方ないんだけどもーウンザリ。
朝陽が見たいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

2011年6月17日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間
最新の拡散シミュレーションは左のサイドバーにリンクがありますので
そちらをご覧下さい。

今日は自転車で走ると髪がびちょびちょになるくらいの濃霧の早朝に測定。

北見の昭和埋め立て処分場に1万トンの東日本大震災被災地瓦礫を受け入れるってハナシ
最近はこの件についてハナシが聞こえて来ないんだけど、どーなったのかな?
もし受け入れ決定ならやっぱり釧路に陸揚げしてまりも国道を通って北見まで運ぶのか?
それとも苫小牧に一旦入れてそこから北見へ移動させるのだろうか?
放射能汚染された瓦礫は受け入れないらしいけど、きちんとチェックするのだろうか?(; ・`ω・´)
北見市民はしかたないっしょって感じみたいだけどマジで止めてほしいわ
京都じゃ瓦礫受け入れ反対署名運動やっているのに。
ふーひょーひがいで北見産たまねぎ売れなくなりそう。

( ゚Д゚) 北海道はゴミ捨て場じゃありません!

( ゚Д゚) 空き缶はゴミ箱へ捨てましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

2011/06/16 釧路市内鶴見橋にて測定

Turumibashi

2011/06/16 04:32am
釧路市内新釧路川に架かる鶴見橋の中央付近で測定0.10μSv/h。
曇りでほぼ無風だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

風向き

Do

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今朝は無風で曇り空。
外よりも室内の方が数値が高い不思議~。

プルトニウムがアメリカ西海岸まで行っているとの情報はソースが怪しいとか
ガセだとかプルトニウムは重いからアメリカまで飛んでいくワケないだろとか
ネット上でもそんな反応が多かったけど、この動画の中でガンダーセン氏が言ってるね
やっぱりアメリカまでプルトニウムは飛んで行っていたんだ。
広い太平洋を越えてアメリカまで行くんなら、狭い日本ではいったい・・・。
こんな恐ろしい事実が隠されているこの国は主権在民じゃないらしい。
情報が無いと自分で判断や決断が出来ない、それ以前の問題。
この先日本は癌患者だらけになるんだろうけど、この国の癌は病理上の癌だけじゃなくて、
原発利権そのものだね、ガンは。
こんな連中が国政や原発やマスメディアを動かしているってのがこの国の不幸 (/_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

2011年6月15日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.07μSv/h

Photo

風向き

Photo_3

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

曇り空で北東の風が冷たい朝に測定。
昨夜の地震にはビックリした。
既に就寝中だったけど、揺れて本棚の物が落ちて目が覚めた。
目が覚めた瞬間思ったのは「4号機は大丈夫か?」だった。
結局、震源地は釧路沖で釧路は震度3程度だったんだけどね(汗)

ニュース
 環境省は13日までに、東日本大震災の被災地のがれき処理を加速するため、
使われていない北海道の工業団地を仮置き場として活用する検討を始めた。
具体的には苫小牧市の臨海工業団地に、燃料として再利用できる木材などに限って搬入する案が出ている。
ただ、地元自治体は受け入れに慎重な姿勢を示しており、実現するかどうかは不透明だ。
菅直人首相が松本龍環境相に検討を指示した。北海道南部の同市臨海部なら被災地と地理的にも近く、
がれきの運搬も行いやすいためとみられる。同工業団地は企業立地が進まず、スペースに余裕があるという。

( ゚Д゚) 北海道はゴミ捨て場じゃありません!

( ゚Д゚) 空き缶はゴミ箱へ捨てましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

2011年6月14日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今日は雨降りの早朝に測定。

ニュース
原発再開反対票、9割超す見通し…イタリア国民投票
 伊国営ANSA通信が伝える投票率の暫定集計値は50%を超えて国民投票は成立、
出口調査によると、反対票は9割を超す見通しで、再開反対派の圧勝が確実となった。
ベルルスコーニ首相は13日、開票終了を待たずに「イタリアはおそらく原発計画と決別し、
再生可能なエネルギー分野の開発に取り組む必要があるだろう」と述べ、事実上の敗北宣言を行った。

日本も国民投票やってほしいね。
『核』なんていうヤバイ物を扱うのに一部の人間の欲得や都合だけで決めないでほしいわ。
でも日本は事故後の全国知事選挙で原発推進派が圧勝したからねぇ・・・。
屠殺されそうになっているのに押黙って「ノー」と言わないんじゃ家畜以下だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

2011年6月13日釧路市内放射線量測定

Photo

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

Photo_2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.09μSv/h

Photo_3

風向き

Photo_4

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今朝の測定時は曇りで僅かに風があった。
昨日、鶴見橋の下でバーベキューをやっている人たちがいた。
福一の事故なんて海の向こうの話って感じかな。
震災直後は釧路市内のスーパーではお米やティッシュやミネラルウォーターや
レトルトご飯やわかめなんかをたくさんカゴに入れたお客で殺気立っていたし
電気店ではラジオや電池やライトが店頭から消えて無くなっていたのに。
震災から三ヶ月後の今はお店の品揃えは震災前の状態にほぼ回復した感じ。
釧路市民の中に今でも危機感持っている人ってどれくらい居るんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

釧路市内A公園の放射線量測定

子供たちが楽しそうに遊んでいる公園の情景は幸福です。
それが今この国ではそれが当てはまらないのは悲劇です。
今日はめずらしく濃霧の朝でないので以前から気になっていた公園の測定に行きました。

Photo_3

土の上1メートル0.12μSv/h

Photo_4

土の上に置いて測定0.09μSv/h

Photo_5

砂場の上1メートル0.12μSv/h

Photo_6

砂の上に置いて測定0.09μSv/h

Photo_7

芝生の上1メートル0.09μSv/h

Photo_8

芝生の上に置いて測定0.10μSv/h

YouTubeの動画で地面の上にガイガーカウンターを置くと
びっくりするくらいに数値がはね上がるのがあるけど
釧路はあんなに汚染されてることは無いみたいですね
数値の上下も誤差の範囲だし数値もいつもの範囲だし。
若いお母さんが砂場で小さい子を遊ばせているのを見ると(ヽ゚ロ゚)アーーーーーッ!!って
感じだったんだけど、私の心配のし過ぎだったらしい。
私個人的には芝生の数値を見て安心できました。
もし、芝生の数値が高かったりしたらそれは牧草の数値でもある可能性があるので。
これである程度は北海道牛乳安心して飲めそうです、ある程度は(ここでのある程度とは素人測定の範囲でと云う意味です)。

注意!
北大農場のホルスタイン牛の原乳からセシウムが検出されたとの情報もあります。
牛乳は生物濃縮が激しいので、牧草の汚染度が低くてもそれを大量に食べることによって
結果的に牛乳の汚染度が高くなる可能性もあります。
気になる人は牛乳飲むの止めましょう。
私は今のところ北海道牛乳なら飲むしソフトクリームも食べます(^p^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.08μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

珍しくガスってない晴れた早朝に測定。
晴れた朝の測定なんて初めて。
昨日の午後に福島第1原発2号機建屋の扉を開いて換気してたけど
釧路には影響無かったみたいだね。

ニュース
原子力安全・保安院は11日、茨城県内の土壌からプルトンチウムを検出し、
検出に当たった検査官が千葉県の放射線医学総合研究所に搬送されたと発表した。
プルトンチウムは、核燃料とジルコニウムが溶融した高温高圧の原子炉内で
水素と酸素とウラン、プルトニウムなどの元素が気化したときに
偶発的に発生する核融合状態において生成されることが、理論上予想されている物質。
プルトンチウムは中性子線を越える破壊力を持つ未知の放射線、ω線を放射するとされる。

キタ━━━━('A`)━━━━ッ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

2011年6月11日釧路市内放射線量測定

Photo

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際(ちょい窓開け)0.11μSv/h

Photo_2

風向き

Photo_3

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

曇って雨でもないのに路面が濡れるほどの濃霧の早朝に測定。
そーいえば今日は震災から三ヶ月の日で世界中で原発反対デモの日で
もんじゅでUFOキャッチャーやる日でオカルト厨が最大余震が発生すると騒いでる日だったっけ。
三ヶ月経ってもまだ放射能ダダ漏れなんだからなぁ。
収束に向けてなにか進展したっけ?
次々と新たな問題が発見されているだけのような気が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

2011年6月10日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

風向き

Dodoitu

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今朝もドンヨリな早朝、深夜からの雨も測定したときは止んでいた。
外が案外と低かった。
DWDの予測でも今日は微妙に釧路から逸れているみたい。

告知
6.11脱原発を求める100万人アクションIN釧路

日時:6月11日12:00~15:00

@釧路市末広町3丁目1番地釧路市民活動センター「わっと」(釧路市末広町3丁目1番地)

(主催):脱原発ネットワーク釧路

(問合せ)09015280946(ユニオンくしろ:工藤和美)

会場費:500円(学生無料)

内容:参加者のリレートーク

   チラシ・資料の展示、配布

   ビデオ上映会

   (福島の子どもたちを放射能から守れ:福島のお母さん-佐藤幸子さんの訴え)

   (小出裕章京大助教:核廃棄物問題の公演)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

2011年6月9日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.12μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Kaze

風向き

Photo_5

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今朝は激しい濃霧で夜中に雨が降ったのか路面が濡れて水たまりができていた。。
今日で測定始めて一週間になりました。
毎日測定しても小さな上下はあったけどだいたい外で0.11μSv/hって感じだった。
これから先、測定を続けても福島とかでドッカーンと大きなのがない限りは
そんなに数値に変化が表れるようには思われないデス。
それでも原発事故の問題にケリが着くまでは測定を続けていく所存でございます。

ニュース
『アルミ地金再生2次合金メーカーの一部からは以下のような深刻な問題が表面化している。
原発に近い工場を持つ某社は、アルミ缶を溶解して2次合金地金を製造しているが、
在庫してあったアルミ缶の放射能線量がやや高い数値を示している。
このため在庫をそのまま溶解したのでは製品に規制値以上の数値が出るとして、
数値を押さえ込むために汚染していないアルミ缶を新たに入手して放射能を薄めなければならないという
事態に追い込まれている。
新たに入手するアルミスクラップの健全性を証明と規制値以上の現物の流入を避けるために、
受入ヤードについてはゲートモニターの設置や検査要員の確保等、新たなコストアップ要因への設備投資を迫られているのが実情だ。
この流れは、アルミ、伸銅、電線等これまでゲートモニターの設備が必要ではなかった全ての業界にまで波及しており、
風評被害どころではない実害としての放射能問題が様々な業再生資源業界に広がっている。』

(||  ゚Д゚)・・・か・・缶ビールどーする?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

2011年6月8日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.12μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

曇って軽くガスった早朝に測定。
今日はガチで南風。
暖かな南風がうれしくない今日この頃・・・。

ニュース
『 東京電力福島第一原子力発電所の事故について、
政府が国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書の全容が7日明らかになった。
 報告書は、破損した1~3号機の原子炉圧力容器の底部から溶融した核燃料が漏れ出し、
格納容器内に堆積している可能性を指摘した。
 格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれ、
「メルトダウン」(炉心溶融)を上回る最悪の事象。これまで圧力容器底部で、
制御棒の貫通部などが破損し、高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏出したことは
明らかになっていたが、政府が公式にメルトスルーの可能性を認めたのは初めて。』

どこまで最悪の記録が更新されるんだろ、この国はorz

Zx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

2011年6月7日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.11μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今朝は曇りでガスってた。
部屋の中の測定が何故か外より高くて困った、0.16μSv/hとか。
シャワーや料理でガスを使っていて高温多湿だったからか?
それとも部屋の中に放射性物質があるのか?そんなワケねえっぺっさと
30分後に部屋の中の湿度や室温が落ちてから再計測すると変な上がり方はしなかった。

ニュース
『 経済産業省原子力安全・保安院は6日、福島第1原発事故の解析の結果、
大気への放射性物質の総放出量は推定77万テラベクレル(テラは1兆)に上ると発表した。
4月に事故の深刻度を国際評価尺度(INES)の暫定評価で最悪の「レベル7」に引き上げた際は、
推定37万テラベクレルとしており、今回の発表値はその2倍強にあたる。』

これじゃあ、レベル7じゃなくて只今レベル8.5って感じじゃないかと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

釧路市内A小学校グラウンド放射線量測定

1_2

釧路市内の小学校は運動会シーズンのまっただ中。
私は未婚で子供は居ませんがお子さん持ちで「釧路の学校大丈夫なの?」と
ご心配で危険厨なお母さんが存在するとの前提で、今朝は市内のA小学校グラウンドへ
放射線量の測定をやりに行ってきました。

2_2

グラウンド地上1メートル付近0.11μSv/h

3

グラウンドの土の上に置いて測定0.11μSv/h

特に変化が無いところを見ると放射能物質が累積して放射線放ってるとかは無さそう。
私は専門家じゃないから明言や断定は避けますが、大丈夫なんじゃないかな?・・と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月6日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Kaze

風向き

Do

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

測定を始めて以来殆ど雨上がりや濃霧といった湿気った状況の早朝の測定だったが
今朝は珍しくドライな朝のデータがとれた。
日中も二桁気温で安定してきた感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

釧路市内S地区の実家の放射線量測定

1_2

釧路市内S地区にある実家の南に面した庭の花壇の地上1メートル0.11μSv/h

2_3

同じく市内S地区にある実家の二階の南に面した窓際0.08μSv/h

曇りで南西の風が強い午後の測定。
陽が入れば真冬でも暖房がいらない高気密住宅の実家だが放射線に対してはほぼ無力らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月5日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.15μSv/h

2_2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Photo

風向き

2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

昨夜は激しい雷雨、そして今日の早朝も濃霧。
雨上がり+濃霧は線量高め傾向かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

被ばく量と健康被害の一覧

6 Sv/回  100%急性死
4 Sv/回   50%急性死
3 Sv/回  脱毛 ガン死亡率がさらに上昇
1 Sv/回   ガン死亡率 40%(晩発性)
0.5Sv/回  リンパ球の一時的減少
0.1Sv/回   ガン死亡率4%(晩発性),ガン発生率高   ← 福島第一 作業員被曝 106.3mSv
10mSv/回   ガン発生率が上昇     
4 mSv/回  胃レントゲン    ← 3/13 13:52 福島第一 正門 1.6mSv/h ★最大値★
0.3mSv/回  胸部レントゲン
0.19mSv/回 東京-ニューヨーク間飛行機で移動
0.014mSv/回 玉川温泉(ラドン)に一週間滞在
0.002mSv/回 玉川温泉(ラドン)に8時間滞在
0.005pSv/回 使用済燃料貯蔵プールで30分泳ぐ

5.7 μSv/h 放射線作業者の年間被爆限度規定(50mSv/年)
5.0 μSv/h 飛行機内(高度12000m)相当                
0.27μSv/h 自然からの年間放射線量(2.4mSv/年) (各0.04μSv/h↓)  
        食物 0.35 mSv 空気中 1.3 mSv 宇宙線 0.35 mSv 大地 0.4 mSv
0.2 μSv/h 富士山頂相当
0.11μSv/h 一般人の年間被爆限度規定(1.0mSv/年(自然から以外での制限値))

(※「1回」は、一瞬~ごく短時間に浴びるという事)

【単位】
1 Sv = 100 rem ≒ 100 R ≒ 1 Gy(X-ray,γ、β線)≒ 20 Gy(α線)≒ 10 Gy(高速中性子線)
1 Gy = 100 rad
1 Ci = 37×10^9 Bq
Sv:シーベルト Gy:グレイ rem:レム rad:ラド Bq:ベクレル Ci:キュリー R:レントゲン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月4日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.07μSv/h

Photo

風向き

Ddi

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今日はハンパない濃霧の早朝に測定。
雨が降ると線量が上がるのはよく聞く話だが
霧が多い釧路市民としては、じゃあ霧の濃い日はどーなのかと。
測定始めてまだ三日じゃ比較する晴れの日のデータが無くてなんとも言えない。
昨日の雨上がりよりは低い感じかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

2011年6月3日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.13μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.10μSv/h

Photo

風向き

Photo_2

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今日の測定は早朝。
夜中に雨が降ったのか路面は濡れて水たまりが出来ていた。
釧路市内は弱い霧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

2011年6月2日釧路市内放射線量測定

2

外階段地上1メートル付近、0.10μSv/h

A

木造モルタル二階室内窓際、0.09μSv/h

Photo_2

風向き

Photo_3

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

釧路市民は福島第一からの放射能物質はあまり気にしていない様子。
私の知人に危険厨が約一名存在するのみ。
マスクをしている人が少数いるがそれが花粉症対策なのか放射能物質に対してなのかは不明。
今は市内の小学校では運動会の練習中。

外と室内がさほど変わらないのは築20年以上の木造モルタルだからか?
数字見て疑心暗鬼が晴れてヨカッタわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップページ | 2011年7月 »