« 2011年6月8日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年6月10日釧路市内放射線量測定 »

2011年6月 9日 (木)

2011年6月9日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.12μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.08μSv/h

Kaze

風向き

Photo_5

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今朝は激しい濃霧で夜中に雨が降ったのか路面が濡れて水たまりができていた。。
今日で測定始めて一週間になりました。
毎日測定しても小さな上下はあったけどだいたい外で0.11μSv/hって感じだった。
これから先、測定を続けても福島とかでドッカーンと大きなのがない限りは
そんなに数値に変化が表れるようには思われないデス。
それでも原発事故の問題にケリが着くまでは測定を続けていく所存でございます。

ニュース
『アルミ地金再生2次合金メーカーの一部からは以下のような深刻な問題が表面化している。
原発に近い工場を持つ某社は、アルミ缶を溶解して2次合金地金を製造しているが、
在庫してあったアルミ缶の放射能線量がやや高い数値を示している。
このため在庫をそのまま溶解したのでは製品に規制値以上の数値が出るとして、
数値を押さえ込むために汚染していないアルミ缶を新たに入手して放射能を薄めなければならないという
事態に追い込まれている。
新たに入手するアルミスクラップの健全性を証明と規制値以上の現物の流入を避けるために、
受入ヤードについてはゲートモニターの設置や検査要員の確保等、新たなコストアップ要因への設備投資を迫られているのが実情だ。
この流れは、アルミ、伸銅、電線等これまでゲートモニターの設備が必要ではなかった全ての業界にまで波及しており、
風評被害どころではない実害としての放射能問題が様々な業再生資源業界に広がっている。』

(||  ゚Д゚)・・・か・・缶ビールどーする?

|

« 2011年6月8日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年6月10日釧路市内放射線量測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

ガイガーカウンター釧路さん✨
こんにちは🎶
ケタケタです(*^^*)
実は昨年末携帯を氷の上に落として画面が割れてしまって真っ白になりました
。・゜゜(ノД`)。・゜゜
友人の全てのアドレスを失いました。
返信頂けるとありがたいです。
m(。≧Д≦。)m

直子

投稿: ケタケタ | 2015年3月26日 (木) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/40242998

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月9日釧路市内放射線量測定:

« 2011年6月8日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011年6月10日釧路市内放射線量測定 »