« 2011年6月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011/06/16 釧路市内鶴見橋にて測定 »

2011年6月16日 (木)

2011年6月16日釧路市内放射線量測定

1

外階段地上1メートル付近、0.09μSv/h

2

木造モルタル二階室内窓際、0.11μSv/h

Photo

風向き

Do

ドイツ気象庁 (DWD)による放射性物質拡散シミュレーション
UTC(協定世界時)に+9時間が日本時間

今朝は無風で曇り空。
外よりも室内の方が数値が高い不思議~。

プルトニウムがアメリカ西海岸まで行っているとの情報はソースが怪しいとか
ガセだとかプルトニウムは重いからアメリカまで飛んでいくワケないだろとか
ネット上でもそんな反応が多かったけど、この動画の中でガンダーセン氏が言ってるね
やっぱりアメリカまでプルトニウムは飛んで行っていたんだ。
広い太平洋を越えてアメリカまで行くんなら、狭い日本ではいったい・・・。
こんな恐ろしい事実が隠されているこの国は主権在民じゃないらしい。
情報が無いと自分で判断や決断が出来ない、それ以前の問題。
この先日本は癌患者だらけになるんだろうけど、この国の癌は病理上の癌だけじゃなくて、
原発利権そのものだね、ガンは。
こんな連中が国政や原発やマスメディアを動かしているってのがこの国の不幸 (/_;)

|

« 2011年6月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011/06/16 釧路市内鶴見橋にて測定 »

1.定位置の放射線量測定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516911/40243389

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年6月16日釧路市内放射線量測定:

« 2011年6月15日釧路市内放射線量測定 | トップページ | 2011/06/16 釧路市内鶴見橋にて測定 »